園の出来事 

・今津保育所の出来事をお知らせします

前ページspaceTOPページspace次ページspace.gifHOMEページ

2020/01/14

科学実験「火起こし」

「いつもは、何で火をつけてるかな?」
と聞かれると、「ん〜はなび!」・「おりょうり〜」と、なんとなく火を使う場所や物を想像して
一生懸命答えているかわいい子どもたち。
「じゃあ、おじさんが火をここから出してみるよ」
と言うと「え〜なんもないじゃん」「むりよ〜」
と口ぐちに話しながらも興味津々。
みんな、先生の手元に大注目です。
長い木の板に丸い穴が開いていて、そこに気の棒を入れて「ごしごし」力を入れてこすっていくと・・・
なんと、けむりが「もくもくもく〜」
子どもたちは「うっわ〜!!けむりでとる!!」
「すご〜い」と大興奮でした!
実際にティッシュに木くずを付けると火がつくこと
も見せてもらいました。
木と木で火が起こせるとは、初めて見る子も多かったのではないでしょうか。
職員も「ほんと、昔の人は毎日していたと思うと
すごいね」と感動しましたよ。
マッチやライターなど火が出る物は、危ないから子どもたちだけでは使わないようにしようねとお約束をしましたよ。

2020/01/14

科学実験「熱気球」

ドライヤーで大きな袋をふくらませると、
天井高くまでふわふわ〜っと
、飛んでいく大きな風船になりました。
2回飛ばしたけれど、最初の袋は飛ばなくて
「なんでかなぁ…?」と首をかしげていた子どもたち。
みんなで膨らませている袋を触らせてもらうと、
ひとつ発見!
「あっ!あったかいかぜがきとる!!」
と空気の温度によって上昇したり下降することを
教えてもらいましたよ。

2020/01/14

化学実験「静電気の実験」

風船に静電気を起こして、小さくした
トイレットペーパーがくっつくかどうか
実験しました。頭や体に風船をすりすり・・・。
すると、「あれれれ〜髪の毛こんなになっちゃった〜」と、不思議体験に大喜びの子どもたち。
トイレットペーパーもたくさんくっつけることが
できて、「見えない力で物がつくってすごいね」
と、みんなびっくりしていましたよ。
そこで、「バイ菌は見えるかな?」
「バイキンも目には見えないから、
たくさん手洗いうがいをしてバイキンマンも
やっつけようね」と、教えてもらいました。

2020/01/14

科学実験「音が伝わる実験」

ストローで笛を作って音が変わるのを知ったけど、
「音って目に見えないね」という話しになりました。
そこで、今度はボールにシートを張った上に
塩をまいて大きな声で「あー」
「あ・い・う・え・お・」と言ってみるとなんと、
塩が声の振動でふるえて模様が次々に
かわっていきました!
「ええ!すごい!」「あ・い・う・え・お〜」
と一生懸命大声を出したり、
「じゃあしりとりしながらこえだそう」と、
あるグループは「とまお・とんぼ・ぼーる」と
いろんな音を出していましたよ。
すると濁点では大きくふるえ
「おお!」と歓声があがっていましたよ。
それを見ていたほかのグループは
「全員で力を合わせてみよう」と、輪になり
大きな声を出すと、大きな振動に塩が半分くらい
床におちるくらい音が伝わっていました。
音って目で見えるんだということを、
体験しながら教えてもらいましたよ。

2020/01/14

科学実験「ストローで笛を作ろう」

科学実験の様子
ストローを2本使って伸ばしたり縮めたりすると、
なんと音が変わって子どもたちもびっくり!
息を吹くだけでは、なかなか音がでなくて
「なんででんのんかなあ?」
と、不思議そうにしている子どもたちでしたが、
少しずつコツをつかんで、
唇をストローに挟んでみると
「うわ!おとでたよ!」と大喜び!
ほっぺを大きく膨らませながら、
目を真ん丸にして一生懸命吹いて音を出しましたよ。

2020/01/11

科学実験

10日に科学実験で、静電気・熱気球・火おこし
など、色々な材料を持ってきていただき
実際に自分たちの目でみて観察・触って、聞いて
考えるという事の大事さを知ることができました。

科学実験に来られて説明を聞き、実験をしてもらい
先生の「どうやったらできる?」「どうなると思う?」
・「できる人?」と言われ
子どもたちは、「ハイ・ハイ」「ハイ・ハイ」
と、元気のいい返事
質問に対して色々な考え方もあり発表もしていました
中には「やってみたい」と言う思いが強すぎて
出来ると思いやっては見ましたが
先生から「やってみたい」と「できるは」違うんだよ
と、言う事も教えていただきました

様子は、次回しますね( ^)o(^ )

2020/01/9

陶芸教室

今日は陶芸教室がありました。
陶芸の先生に作り方を教えてもらうと、
興味深々で身をのりだして聞いたり
拍手をしている子どもたち。
「妹や弟の分も作らんとなぁ〜」
「どんなのをつくろうかなぁ〜」
「ウ〜ン・・・・」
と、1人1人の思いにより考え付いたあげく
お皿・カップ・花瓶等を作り模様付けをしました

家族のことを思いながら作る
優しい子どもたちです。
お友だち同士話しをしながら、楽しい雰囲気の中で
一人ひとり思いを込めて、作ることができましたよ。
世界に1つだけの作品、自分だけの物とし
完成がまちどおしいね。
どんな色にするかの選択も自分で決め、
あとは先生に色付け、焼きをしていただきます。

退園式には、作品を展示しますので
お楽しみに!!(*^。^*)

2020/01/08

地震津波警報での訓練

本日は園で地震津波警報が発令してからの
訓練をしました。
ひよこぐみは、職員におぶられて避難する子
バギーカーに乗って避難
あひるぐみは、散歩綱をもち「頑張れ!頑張れ!」
の職員の掛け声に励まされ避難
りすぐみは、ロープ紐を持て避難
うさぎ・きりん・ぞうぐみはさすが\(◎o◎)/!
職員の誘導に添って避難

地震がおきてからは、机の下に隠れたり部屋の中央に
集まり、小さくなり頭を手で覆ったり・・・

地震がおさまり、外へ出て薬師寺まで避難

おぶったまま、バギーカーを押しながら
細い道・坂をあがり、ハーハー言いながら
薬師寺迄避難することができました。

日本気象事象も変化しつつ、色々な災害が起こったり
事件が起こりいつ・どこで・何が起こるか
分からないし、他人事ではないです。
訓練は訓練で終わるのではなく、実施した後の気づきも
して、こうなった時はどうするかと言う避難体制を
考えて、これからも訓練もしていこうと思います。

2020/01/08

七草粥を食べる日で〜す

皆さん昨日は、七草粥を食べる日でしたが
たべられましたか??
七草は中国より伝来し、日本では平安時代初めに
宮中に、江戸時代には幕府の行事として
伝わり、庶民へと広まってきたようです。
七草は「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな(かぶ)・すずしろ(大根)」です。
昔は旧正月の子の日に野に出て七草の若葉を摘み、
おかゆで食べて邪気を祓い、1年の無病息災を祈る
行事としてはじまったようです。
今ではお正月のごちそうで疲れたおなかを
休める意味合いが大きくなりました。

園でも、職員が実際の七草を見せて
話しをしていました。
職「すずなは??」
a児「だいこん!!」
職「すずしろは??」
a児「だいこん!!」
職「ピンポン〜正解。すずしろはだいこんです」
職「では、すずな??」
全員「・・・・」
実物「かぶ」をみても「大根」といっていました
ホントだいこんとかぶの違いは
「丸いのと細長い」の違いで、みわけていました

2020/01/07

初詣にいきました

新年があけましたね。
長いお休みの子もいましたが、
6日からの登園の子どもたちも、元気で来ました
「お年玉をもらったよ」
「おばあちゃん家に行ったよ」
「○○にお買い物にいったよ」
と、お休みを過ごしたようでした。
6日は近くにある高諸神社に初詣にいきました。
心も弾み足取りよく、神社に向っていきました。
仕事はじめの方もおられ、たくさんの参拝のかたが
おられました。
2礼2拍手1礼をして、
「あけまして おめでとうございます」
『今年も元気で過ごせますように』
と、参拝しましていた、子どもたちでした。

神社内でたき火をされていて、子どもたちも
興味深々・・・
「かきねの かきねのまがりかど
たきびだ たきびだ おちばたき
あたろうか あたろうよ ・・・」
と手を差出し、たき火と言うことの
体験もできました(#^.^#)




line

前ページspaceTOPページspace次ページspace.gifHOMEページ



- Topics Board -